« ほんもの | トップページ | CDFカレッジ&プレイバックシアター研究会のご案内 »

2015年10月11日 (日)

弥勒菩薩さま

The Graceのmariaです。




朝晩めっきり涼しくなってきましたね。

体調など崩されたりしていませんか?




という わたくしは
週末から熱を出しておりまして
強い薬に肝臓がつらいよ~と言っているのか
さっきも背中に激痛が走ったり

あまりの苦しさに息絶え絶え・・・であります
coldsweats02




みなさまも
お身体ご自愛くださいませ。











さてさて
先日 広隆寺へ
弥勒菩薩さまに逢いに行ってまいりました。



京都まで
ぶんとmaria号carを走らせると
1時間ほどで着いてしまう古都 京都。




そして広隆寺の弥勒菩薩さまは
多くの仏像の中でも
わたくしが最も心奪われてしまう菩薩さまのおひとりです。







美しい・・・。



ほんとうに
美しい・・・。




その佇まいの前には
すべての言葉も失い
ただただ
その御姿の前に
わたくしは
自分のすべてをさらけ出すことしか
術が見つかりません。






呆然と
ただ茫然と
すべての言葉や思考は消え去り
立ちつくすのみ・・・。





弥勒さまは
何もお話はされません。




静かに



静かに




そこに存在されているだけ。








わたくしたちの多くは
自らの意志で
このお寺に足を運び
自らの意志で
その御姿の前に
自分自身の姿をさらけだすのでしょう。





そして
わたくしたちは
その美しい御姿の前に
自分自身の姿を
自分の思うように
見たいように
映し出すのでありましょう。






静かに





静かに






そうして
わたくしたちは
弥勒さまの御姿に映し出された
わたくしたち自身の真実を
教えていただくのでありましょう。




そこに映し出された真実は
わたくしたちが
自分自身で気づく
純粋なわたくしたちそのままの姿・・・。








そこに何の言葉が必要となりましょうか?



そこに何の説明が必要となりましょうか?



そこに何の思考が必要となりましょうか?









それらのものを当てはめようとすれば
その真実は
きっと
さらさらと
消えてなくなってしまうことになりましょう。











わたくしは思うのです。



真実を求める・・・
そんなわたくしたちGraceの姿は
こんな姿でありたいと。




静かに



ただ



静かに・・・









Img_0775_1


« ほんもの | トップページ | CDFカレッジ&プレイバックシアター研究会のご案内 »

文化・芸術」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/583041/62456058

この記事へのトラックバック一覧です: 弥勒菩薩さま:

« ほんもの | トップページ | CDFカレッジ&プレイバックシアター研究会のご案内 »