« Grace あなたのもとへ | トップページ | 出会い »

2015年8月16日 (日)

願いごと

The Graceのmariaです。







お盆ですね。






わたしは子どものころ


お盆になると


とってもローカルな汽車に乗って

山の奥へ奥へと向かい

さらに車で迎えに来てもらって

山の奥の奥にある

両親の実家へ遊びに行っていたものでした。






いとこたちがたくさん集まって

夜は一晩中

トランプや将棋倒し(みたいなの)、

大きな田舎の屋敷の中を走り回っては

大声で笑いあい





真っ暗な空に浮かぶ

こぼれそうな星の海を見上げ






昼間は

果てしなく続く山の麓の

広い広い山や畑や田んぼの中を駆けめぐり

冷たい川の中を泳ぎ回り





木々の間に実った赤い実や

オレンジの実を積んでは口にふくみ

口にいっぱいに広がる甘酸っぱさに唇をすぼめ




こんなに楽しいことはないわ~ってくらい

夏を謳歌していたことを思い出します。





ゲームもテレビもなんにもいらなくて





  みんながいるだけで

     とっても幸せでした。










わたしが小学生だったある冬の日

祖母に

亡くなった祖母のお兄さんたちのことを

尋ねたことがありました。






祖母は

炬燵に入った背中を丸くして

頬を炬燵机の上にすり寄せて

涙を流していました。










田舎の御仏壇のあった部屋には

たくさん写真がかけられていて

わたしの知らない若いお兄さんたちが

写っていました。





その頃のわたしには分からなかった

制服を着て

制帽をきちんとかぶっていました。








真ん中にはどこかの神社の写真が写っていて

その横に丸く縁どられて

お兄さんたちが写っているものもありました。








お兄さんたちは

  ずっと若いままで・・・

    時が止まっているかのようでした。









そして・・・

こんなにたくさん親戚が集まっていても

そのお兄さんたちが集まってきたことはありませんでした。






ひとり残らず

親戚みんなの顔を知っているのに

このお兄さんたちは誰なんだろうと

幼かったわたしには理解ができていませんでした。









終戦の日を迎えて







  幸せを・・・

      平和を・・・





          願わずにいられません。
















« Grace あなたのもとへ | トップページ | 出会い »

文化・芸術」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/583041/62094688

この記事へのトラックバック一覧です: 願いごと:

« Grace あなたのもとへ | トップページ | 出会い »