« タイムスリップ | トップページ | 不思議ちゃん »

2014年9月23日 (火)

心のおもむくままに

The Graceのmariaです。







日ごとに涼しくなってきました。

秋がもうすぐそこに

近づいてきたことを感じています。





そして

どこからともなく

金木犀の香りが漂ってきました。




秋の到来はこの金木犀の香りで知らされている私です。



ちなみに、冬は夜空のオリオン座の出現かも知れません。









先日から

伊勢神宮

長谷寺と

お休みになると

ゴトンゴトンと電車に揺られて

足を延ばすようにしております。







よくよく時刻表や距離なんかを見ていましたら

これまで近いと思っていた名古屋より

断然遥かに伊勢神宮は近いし

長谷寺なんて遠い奈良の地と思ってたのに

うんと近い距離に存在していたのでした。












伊勢神宮のことは

ここでお伝えするまでもないのですけれど。



多くの皆様があまり訪れられない

深い森の木立の中の小路を辿って行きますと

神様の存在を感じるのはもちろんのことなんですが・・・

もの凄い蚊の大群に襲われたのでありました。



まだ暑い最中ですから、こちらは半袖と軽装ですし

もう目の前に、羽の音がバラバラと聞こえるくらい

押し寄せてくるのです。



視覚で神様を上回るもの凄い存在感。







だけど、こちらは

蚊の存在以上に神様の存在を感じているんですね。



意識は蚊の存在を感じてはいるけれど




ずっと深いところでの無意識は

神様の存在を見失うことなく

ずっと意識し続けているとでもいいましょうか。









そうしていますと

家に帰って気づいたんですけれども

全く無防備であったにも関わらず

一ヶ所も蚊に刺された跡がなかったんです。





本当に

とってもとっても

不思議なこと。














この感覚は

私がGraceのアクティングをするときと

全く同じ感覚だなと思うのです。






目の前の意識的な現象に捉われるよりも

もっと・・・

テラーのお話の深い深いところへと旅立っていく。







深い深いテラーの心の泉の源へと降りていく。








表面では「事象」として生じていることの

根源へと辿り着いていく。






そして。






その深いところで起きている何かを

そのまま

「アクティング」という形で表現をする。



それは「意識」で理解できうる存在ではないかもしれません。


あるいは、それはまるで「舞」のように感じられるかもしれません。

または、ただの「うごめき」のようであるかもしれません。








劇のスタイルとして

時系列に、

または事象毎というより


今、何が演じられているかと

考えられることより









観る方それぞれに

ご自分の中で

今、何が起きてきているかということを


ただただ

心の中に生じてくるままに

感じていただければいいなぁと

そう思っています。












11月の公演が近づくにつれて。





私の無意識は

神社へと

お寺へと

私の足を向かわせております。








私は

自分の深い心の源泉からのメッセージのままに

自分の身を委ねております。








自然のままに。






心のおもむくままに。













ご一緒くださるすべての方とともに・・・


« タイムスリップ | トップページ | 不思議ちゃん »

文化・芸術」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/583041/60361232

この記事へのトラックバック一覧です: 心のおもむくままに:

« タイムスリップ | トップページ | 不思議ちゃん »