« 教えてくれたこと・・・ | トップページ | 少しずつ »

2013年11月24日 (日)

ここに在るすべて

Theatre Graceのmariaです。


昨日はClosedで、遠方から大切な方々が駆けつけてくださって

温かい時間をご一緒いただきました。




こんなわたしたちのところへ

よくおいでくだいさました。


ありがとうございます。





こんなわたしたちの

支えになってくださいました。


ありがとうございました。





心から

感謝いたします。













そして、彼は・・・

とても積極的に

ワークに参加してくれていました。





彼が出す音に

みんなが喜んで

その存在を受け入れていました。






できあがった写真にも

光の存在になって

ちゃんと写ってくれていました。





そして

残されたわたしたちメンバーも

ほんの少し

小さな一歩を踏み出すことができました。




ありがとう・・・







578137_399166383519033_1445675158_n







昨日、代表が

いろんなことを話していた中で

わたしの中に

曼荼羅が突然ぽっかり浮かんできました。




今まで曼荼羅の意味がまったくわからなかったのに

突然その意味が

一瞬で解かれていったように思えました。







「過去も未来もすべて今である・・・」







時間軸がないと言えばいいのか・・・

過去や未来と思っていたものが、

実はこの一瞬であると言えばいいのか・・・

うまく説明できないのだけれど






苦しみも哀しみも喜びも すべてが今ここに在り

旅立って逝ってしまった彼も

わたしをおいて逝った父も母もみんな

過去でも未来でもなく今ここに在る




それがすべてであると。


すべてがここに形成されているんだと。






だから

「失う」という概念も

「新たに」という概念も存在せず

すべてはずっとここに在るんだと。

ずっとここに在ったんだと。







一枚の曼荼羅は

すべてが今ここに在るんだと

そのすべてを物語っているのではないかと。



そんなことを考えておりました。








本当の曼荼羅の意味は違うのかも知れないけれど

わたしの中に湧き起ってきたもの、でした。










だから・・・

ぎゅっと、ここに在るすべてを

抱きしめていよう。









1457651_399166276852377_1494254668_

« 教えてくれたこと・・・ | トップページ | 少しずつ »

文化・芸術」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/583041/58635621

この記事へのトラックバック一覧です: ここに在るすべて:

« 教えてくれたこと・・・ | トップページ | 少しずつ »