« 魂 | トップページ | 合掌 »

2013年2月16日 (土)

箱庭

Theatre Graceのmariaです。




今年に入ってから、

ずーっと、毎週末

プレイバックに携わっていたのですが、

この週末、初めて、

プレイバックのない時間を過ごしています。





いろいろ、予定があっても

プレイバックを優先させてしまうので

あれもこれも休みがちになっていたのですが

明日は、久しぶりに、

箱庭療法の勉強会にも出席できそうです。





プレイバックをやるときに

自分自身との対峙の必要性をよく考えますが

思えば

この箱庭というのは

そっくりそのまま

自分の内側がそこに映し出されてくるので

これ、プレイバックを学ぶ中で

とってもいいよな~~って思ってしまいます。




何より

箱の中に入ってる

さらさらの砂と戯れるだけで

子どものころよくやった

砂遊びの感覚がよみがえってきます。



砂を触ってるだけで、楽しくなるし

心が癒されてきます。




そして

ママごとみたいに

空想の世界に浸りながら

おもちゃを次々並べていきます。



花を咲かせていきます。



木を置いていきます。



ところどころ、池を作ったり。



かわいいお家を建てたり。



動物を並べたり。



物語を作りながら

あれこれあれこれ

作品を作っていきます。




箱庭は、やるだけで、楽しいし癒される。




出来上がった作品を見るだけで

もう、大満足をしてしまいます。



なんにも解釈を受けなくて

それでいい。




話すことで、吐き出すことができるのと同じように

箱庭を作るだけで、吐き出すことができてしまいます。





考えていくと

「作者」が「テラー」で

箱庭の「グッズ」たちは

「アクター」なのかも知れません。



テラーの「思い」のまま、アクターが演じるように

作者の「思い」のまま、グッズはそこに配置されていく。




そして、テラーは話すことだけでも得られるものがあるように

作者は箱庭に並べるだけでも得られるものがある。





う~ん。

なんだかおもしろいなぁ。




「次のお稽古は、箱庭です」ってやってみるのもいいなぁ。





でも・・・箱庭グッズ、持ってないんだよなぁ・・・




でも、うちの中は楽器で埋め尽くされてて

置き場がないよなぁ・・・




でも、あったらいいなぁ・・・


« 魂 | トップページ | 合掌 »

文化・芸術」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/583041/56780060

この記事へのトラックバック一覧です: 箱庭:

« 魂 | トップページ | 合掌 »