« 初心 | トップページ | 新たに »

2012年8月 6日 (月)

今を生きること

Theatre Graceのmariaです。



お盆が近づいてきました。


毎年、お世話になっているお寺から

この時期、お坊様が供養に訪問してくださいます。



この時期、お坊様は分刻みのスケジュールのようで

今回は、訪問の連絡さえ忘れてしまっていたようで

みんなが知らないうちに突然現れて

風のように去っていかれた、とのこと。



本当にお忙しいようです。




私が幼少の頃、現在のお坊様のお父様が

当時は訪問してくださっていて

その分刻みのスケジュールの中にあっても

幼い私を膝の上に乗せてくださっては

何かしら、お話してくださったのを覚えています。



私は私で、お盆になると父が帰ってくると聞かされていましたから

このお坊様が連れてきてくださるんだ~って期待しながら

いつもいないことが、なんだか不思議でなりませんでした。




信じやすいのは、今も昔も変わりません。





だけど、この人は、お盆に限らず、いつもそばにいてくれてるんですよね。




よく感じます。







そして、そのことを心の頼りにしていた自分があったんですね。








ひとりの人間の存在の大きさを想います。





託された命の絆。




数えきれないくらい、先代の人たちが紡いでくれたこの命。




名前を分け与え、命を与えてくれた父。



この世に送り出してくれた母。







次につなげることができない自分にできることは

自分であることの意味の深さを考えるしかないように思えます。










今週末は、劇団の定例お稽古です。





そんな自分の気持ちを語ってみたり、見てみたり。

表現してみたり、音を奏でてみたり。



水に放たれた魚のように

うんとその澄んだ水を吸いこんで

自由に、気持ちよく泳いでみたい。






私にできることは

今、ここに生きること。





プレイバックの中で

解き放たれて

今を生きること。




« 初心 | トップページ | 新たに »

文化・芸術」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/583041/55366636

この記事へのトラックバック一覧です: 今を生きること:

« 初心 | トップページ | 新たに »