« ルーツ | トップページ | 同級生 »

2012年7月 8日 (日)

手作りの

Theatre Graceのmariaです。



心をうつ経験が、ここ数日続いていて

はっと気付くと、涙があふれてくる毎日です。



今、これを書きながらCDを聞いています。


 ”Liten and Remember”

   ~JO SALAS and FRIENDS~




プレイバックシアターの、グループのための歌を集めたCDなのかな?

スクールでも歌った曲が収められています。




これが。

とてもいいんです。



1曲目から、思わず涙があふれてきました。



とても素朴で

とても手作り感があって

とてもハートが満たされてくるんです。






決して、プロの歌い手のようなものではないけれど

こんなふうに、心が打たれてしまう。




お互いの心に届けられるものは

心をこめて伝えようとする

その気持ちの中に存在しているんだなぁって。




完璧な美しさや

完璧な仕上がりを求めるなら

そこを訪ねていけば触れることができる。





同じように

手作り感満載の

あったかい、人の心を求めるなら

それを奏でようとしている場所を

訪ねていけばいいんだなって思います。





プレイバックシアターは即興だから

完璧ではありえないけれど

そこに生まれ出てきた

そこにいる人たちが生み出している

やさしさ

 あたたかさに

わたしたちは包まれていたいって

考えるのかもしれません。


そこは

母なるものの腕の中

母なるものの大いなる愛に

包まれている感覚に

とてもよく似ています。




さあ

ちょっと

背中の荷物を降ろして

ひと息 ついてみましょうか・・・

« ルーツ | トップページ | 同級生 »

文化・芸術」カテゴリの記事

コメント

私たちGraceの場は、私たちメンバーの相手を大切にしたい、そう願う心で生み出される場である、と思っています。

それは、きっと、母のお腹の中のぬくもりであろうと思っています。

私たち自身も、それを感じ、共に母のぬくもりを感じ、温かな感覚に包まれていくのでしょうね。

そうなんですね~

あったかくって
やさしくって
安心できて・・・


Pureな自分に戻れるんですね・・・

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/583041/55151272

この記事へのトラックバック一覧です: 手作りの:

« ルーツ | トップページ | 同級生 »