« オープンレッスン開催のお知らせ | トップページ | 天使の翼 »

2012年6月17日 (日)

Theatre Graceのmariaです。

7月28日(土)、Graceのオープンレッスンがあります。

ぜひ、ご参加くださいませ。

お待ちしております。

詳細はこちらから・・・。

http://theatregrace.cocolog-nifty.com/blog/2012/06/post-1e18.html

さてさて。

今日は、蒸し暑い一日になりました。

世の中は、父の日だったようで、

いろんな想いのこもった時間を過ごされた方も、

たくさんみえるのではないでしょうか?

mariaはですね。

こういったカレンダーに記載されている記念日とは

すべて、縁がなくなっておりまして・・・。

縁がない人間だって、たくさんいるんだってことに

この記念日を考えた人たちは、気付いているんだろうかと

ちょっと考えてみたり。

子どもの頃は、辛かったな~って、

やっぱり、悲しくなったりもしていました。

人の気持ちを考えること・・・。

今日は、一日、窓のない部屋にこもって、

私の父母変わりをしてくれている先生のもとで

箱庭事例に取り組んでおりました。

これが、難しいんです。

頭で考えると、本当に難しい。

夢分析も、夢を理解しようとしてはいけないのと同じように

これ、箱庭も、理解しようとしてはいけないんだと思います。

ぱっと見た瞬間の印象がとても大切で、

その印象が、先生の解説と近いことが多い。

だけど、少し踏み込んで考えてしまうと

どんどん遠ざかっていくように思えます。

これだけ、人の心は、

そう簡単に、理解できるものではないということ。

伝わってくるのは、

「この人」が、今、心の中に持っているこの大きな「空間」。

ただの砂、一面に示されている、この大きな「空間」。

これが、どんなに、

悲しくて、孤独で、寂しさを表しているのか、ということ。

言葉で解釈しなくても、伝わってくる、砂漠のように拡がる

たったひとりぽっちの、世界・・・・・・。

それを、どのくらい、私は解かることができているんだろうか。



事例が出てくるたびに、

私が人に要求してしまうのと同じように

私は人の心を理解できているんだろうかと

自己嫌悪に陥ってしまいます。

(その点、先生たちは、すごい。

 河合先生の後光が射しています。

 どの先生も、人間であることを超えられています。)

一日が終わるころ、みんな、疲れでフラフラになっています。

これだけ、すべてを注ぎこんで

「その人」の心に集中しているからです。

そして、その訓練は、やっぱりプレイバックへとつながっています。

テラーが語る言葉。

その言葉の、裏に、隣に、過去に、どんな想いがこめられているんだろう?

それら、すべてを、どの気持ちも両腕からこぼれてしまわないように

しっかり、受け留めて、抱きしめて、お預かりします。

お預かりするその瞬間、全霊を集中させて、全身でお話を聴く。

やっぱりその瞬間、自分が人間であることを忘れている。

ああ、そうか・・・。

やっぱり、人を超えた存在になるということは

「その人」をすっぽり包みこむためには、必要なことなんだ。

まだまだ、まだまだ。

自分の小ささを実感です。

人の心は、そう、

それほどまでに、深い深い深いところまで

ずっと続いているのです。

« オープンレッスン開催のお知らせ | トップページ | 天使の翼 »

文化・芸術」カテゴリの記事

コメント

heartmariaは、ほんとうに、maria様でした。bell

みんなが、いてくれての、mariaなのでしたbell

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/583041/54990292

この記事へのトラックバック一覧です: :

« オープンレッスン開催のお知らせ | トップページ | 天使の翼 »