« 心のおもむくままに | トップページ | 和やかな時間 »

2012年4月 8日 (日)

春爛漫

Theatre Graceのmariaです。


春爛漫cherryblossom

今日はお釈迦様のお誕生日birthday

そしてまた、よいお天気に恵まれて

桜も満開状態となって

多くの人の目を楽しませてくれてましたcherryblossom


私の家から歩いて2~3分の所に

桜の名所がありましてcherryblossom

今日一日、たくさんの人が車でやってきていたようで

道路もかなりのにぎわいを見せていましたrvcar


そんな恵まれた場所に住んでいるにも関わらず

浮世離れした生活をしている私は

自分の心が動くままに、

内観の世界に浸っておりました。


心の、深い深いところから聴こえてくる声に耳を傾け

それを感じとる、という作業です。


この声を言葉に置き換えて、詩を書いてみたりすると

自分ではない誰かが書いたようなものができあがったりします。


また、むかしむかし、

幼い子どもの頃に聞いたこの声を思い出すと

大人になった、今を示唆するようなことだったりして

とてもびっくりだったりします。


自分の中にある、深い世界は

時空を超えて

さまざまなことを

自分自身に、教えてくれてたりするようです。



この、深い自分とつながるという作業は

例えば、動く彫刻の、

前に踏み出して、彫刻を始めるまでの

その数歩の間にトランスファーして

彫刻を始めたら

その深い世界に入りこんでいるといったことと

おんなじだなぁと思うのです。


だから、動く彫刻は、意識下で動くより

もっと深い、無意識下で動いているように思えます。


そして、ストーリーを演じるときは

それが、もっと深く広くなっていて.....

何か大いなるものに動かされて

その場にいる人たちが、みんな

何かに触れて

大きく心揺り動かされていくのかなぁと思ったりします。



「たましい」という概念に触れるものは

芸術であったり、宗教であったり、心理であったり...

さまざまであるけれど

手段はなんであっても

行きつくところは同じで

そこに究極の意味を見出そうとしている

わたしたち人間の

何千年にもわたる紆余曲折の結晶があるように思えます。



深い深いところで

わたしたちは癒しを求めている.....



さて

今日はお釈迦様のお誕生日birthday

笑点を見ていましたら

お釈迦さまに対しては

「南無釈迦牟尼仏」とお唱えするそうで

阿弥陀さまに対しては、「南無阿弥陀仏」。

観音さまは、「南無観世音菩薩」だって。

そうなのかな?



ここ、伊勢の地は、神道が多いです。


ちなみに私はmariaですcoldsweats01



行きつくところは.....

みんなの幸せですheart04

« 心のおもむくままに | トップページ | 和やかな時間 »

文化・芸術」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/583041/54424526

この記事へのトラックバック一覧です: 春爛漫:

« 心のおもむくままに | トップページ | 和やかな時間 »