« お稽古の間に | トップページ | 出逢い »

2012年3月15日 (木)

ミュージシャン

Theatre Graceのmariaです。

梅の花が、あちらこちらで見られるようになってきました。

梅の枝って・・・なんだか天に向かって一生懸命腕を伸ばしているようで

その姿は、とっても、和の純粋性を表現しているなぁと思えてなりません。



その国の花、その国の自然・・・

それらを人は、自分たちでできうる方法で表現していて

ダンスにしても、音楽にしても、それぞれ色んな国の純粋性を表しているのかも

知れないですね。



その純粋性は、どの国の人々にとっても普遍性のあるものであり

人々の心の琴線を揺るがす、大きな感動につながっていくのだと思います。



わたしたちGraceの財産のひとつに、ジャンベがあります。

レインスティックがあります。



これらの楽器は、「ドレミ」を奏でるものではありません。


誰でも音が出せます。

出てきたその音が、すべてです。


だから・・・小さな頃からお稽古していなくっても

誰もが、自由に、好きなように、

そのときに感じた音を奏でることができるのです。



歌を歌うように、踊りを踊るように、

自分で感じたものを、そのまま音にうつし

アクターたちの表現と絡み合いながら、ひとつのものを表していくのです。



プレイバックシアターのミュージシャンは、裏のコンダクターとも言われますが、

アクターが主旋律であるなら

ミュージシャンは、主旋律を際立たせ、奥行きをかもし出すベースであったり

指揮をつかさどるドラムスであったりするんだと思います。

アクターとミュージシャンが

ひとつに溶け合って表現される、その一瞬一瞬の、心が震えるような感動は

人の存在を超越した、芸術の世界観であるように思えるのです。




そんな・・・

世界観が、プレイバックシアターには存在しているように思えるのです。




プレイバックシアターが舞台であるなら

日常生活はその、リハーサルの場。


プレパラシオンの場です。


日、一日の営みを、いつくしんで、生きてみたいですねshine

« お稽古の間に | トップページ | 出逢い »

文化・芸術」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/583041/54225759

この記事へのトラックバック一覧です: ミュージシャン:

« お稽古の間に | トップページ | 出逢い »